お江戸歩き散歩

 殺伐とした現代から離れ、浮世の憂さを晴らすロマン溢れる江戸の風景へと足を運びたくて旅をしています。この思いがみんなに伝われば、いまの日本ももっと良くなるのではと信じつつ旅をしています。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< おとめ山公園から東山藤神社を経て下落合氷川神社へ | main | ゼームス坂から高村智恵子終焉の地へ >>

月見岡八幡神社から光徳寺、最勝寺へ

 




 創建年代は不詳の月見岡八幡神社、八幡という名称が示す通り戦勝祈願を主として創建されたものと思われます。地元で伝えられている話では、源義家が奥州征伐の際に参詣した神社とされています。明治39年には北野神社、昭和2年には浅間神社と富士塚を合祀しています。上落合の八幡公園に鎮座していましたが、区画整理により当地へと遷座した旧上落合村の鎮守です。








 落合中央公園のバス停から西へ100メートルの場所にあるこの光徳寺、延命山と号し真言宗の豊山派の寺です。入って左手に墓所、右側に庫裏があります。正面が本堂ですが鉄筋コンクリート造りでモダン過ぎます。本尊は大日如来像となります。










 大江戸線の中井駅からすぐのところにある最勝寺、ここも真言宗の豊山派の寺です。
扁額にある通り、高天山大徳院と号します。ここも創建年代は不詳で、江戸時代には中井御霊神社、下落合東山藤稲荷神社の別当寺を勤めていました。明治初年には廃寺となった内藤新宿花園神社の別当寺三光院の大師堂を吸収しているほどの風格を持つ寺となっています。
神社・仏閣 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oedo-daisuki3.jugem.jp/trackback/81
この記事に対するトラックバック